国民民主党東京都総支部連合会

The Tokyo Democratic Party of Japan

国民民主党東京総支部連合会 TOPニュース2011 > 岩手県陸前高田市支援・現地活動報告

ニュース

男女共同参画委員会

2011/09/14/ 更新

岩手県陸前高田市支援・現地調査活動報告

1 2 3 4 5

東日本大震災が起こってから、早や 6 カ月を迎えました。
災害復旧にあたって、子育てや介護、障がい児者を抱えている方、自身障がいを抱えている方、妊産婦、ひとり親家庭等、多様な状況で暮らす女性には、男性と異なる特別のニーズやリスクがあり、そのためには、女性・子ども視点での避難所作り・復興活動や情報が必要です。
そこで、民主党東京都連男女共同参画委員会では、 8 月 28 日 ( 日 ) ~ 29 日 ( 月 ) に、岩手県陸前高田市被災地支援および現地調査活動を企画し、委員会メンバーや事務所スタッフ、党員、そして連合東京男女平等局メンバーにも協力を得、 33 名の参加者で行いました。

※詳細な報告書はこちら
岩手県陸前高田市 支援・現地調査活動報告
文責:都連男女共同参画委員会事務局次長 阿部祐美子品川区議会議員

8 月 28 日 ( 日 ) には、岩手県男女共同参画センターの野崎智恵子センター長から、「東日本大震災~あの日からきょうまで、そして、こらから~」について、その後、もりおか女性センターに移動し、の田崎八重子センター長からは「女性の視点から考える災害対策」について、東京都被災地支援岩手県事務所の太田哲郎埋立調整担当課長から「岩手県の被災状況と都の支援の概況」についてお話を伺い、意見交換会を行いました。

終了後、一関市の「蔵元レストラン世嬉の一」にバスで移動し、陸前高田市災害対策本部大和田正室長から 「 3 月 11 日東日本大震災における現状」についてお話を伺いました。そして、夕食をご一緒に食べながら津波で江戸時代から 200 年続いた店を失った、しょうゆ製造業八木澤商店河野和義会長に「あきらめない、醤油店主の意地」をテーマに DVD 映像を交えてお話を伺いました。

二日目の 29 日(月) は、早朝に一関市を出発し、バスで陸前高田市災害防災ボランティアセンターに向い、ボランティアセンターの職員より注意事項を伺った後、広田地区の農地の草刈り作業を行いました。

支援活動後、ボランティアセンターに帰る途中、バスの中で、高田松原を  守る会の鈴木義久会長より、会の活 動について伺った。江戸時代から  続く 7 万本の松が並ぶ防砂林が震災により流され、奇跡的に 1 本だけ 残った松を復興に向けたシンボルとして、高田松原を復活させたいという 強い思いと国の支援への要望を伺いました。

様々な立場の方々との意見交換会では、現場の生の意見、支援する中で見えてきた問題点や要望等、またボランティア活動や現地視察では、被災地や被災者の現状、問題点を知ることができ、有意義な活動となりました。
被災地現場での意見交換、ボランティア活動等の成果を、女性の視点を取り入れた具体的な提案としてまとめ、各区市町村議会の防災計画に反映させていきます。

国民民主党東京都総支部連合会

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1 三宅坂ビル6F TEL: 03-6205-7181 FAX: 03-6205-7182

Copyright (C) The Tokyo Democratic Party. All Rights reserved.