国民民主党東京都総支部連合会

The Tokyo Democratic Party of Japan

国民民主党東京総支部連合会 TOPニュース2013 > 海江田代表が岡田眞理子都議、大河原雅子参院議員と街頭演説

ニュース

2013都議選

2013/06/7/ 更新

海江田代表が岡田眞理子都議、大河原雅子参院議員と街頭演説

中央区の都営地下鉄勝どき駅出口前で街頭演説会を開催

13.05.30tyuuouku 13.05.30tyuuouku2 13.05.30tyuuouku3 13.05.30tyuuouku4

 海江田万里代表は5月30日午後、大河原雅子参院議員、岡田真理子東京都議とともに東京都内中央区にある都営地下鉄勝どき駅出口前で街頭演説を行った。

 海江田万里代表は演説の中で、終盤国会の最大の焦点課題として衆院議員定数削減・定数是正問題を取り上げ、自公両党が衆院でごり押しして可決したいわゆる0増5減案について「減らす数がまだまだ足りない。昨年の衆院総選挙前に野田総理と安倍総裁は0増5減だけでなく、もっと踏み込んだ削減を約束していた。なぜ今定数削減か。私たちは来年の4月1日から消費税の増税をお願いしたが、そのときは必ず国会議員も身を切る改革をすると約束した。総選挙で自民党が与党になると、もう0増5減だけで十分だというようなことを言って、衆院ではそういう法案を押し通してきた。民主党が衆院で提出した定数80削減法案は、自民党が議論することを反対して吊るされたままになっている。あと国会の会期は1カ月を切る段階に入ったが、民主党は昨年の総選挙で約束した議員定数削減実現に一歩でも近づけるよう努力していく」などと決意を示した。
 6月に行われる東京都議選にも言及し、「都議会の第1の役割は、都知事の政策の行き過ぎをチェックすること。猪瀬知事は知事選挙で400万票集めたが、正しい政策は後押しし、間違った政策にははっきりノーと言うのが議会の役割。岡田さんも知事の政策に行き過ぎがあれば歯止めをかけると言うが、これは立派な考え方だ。都議会のもう一つの役割は、条例を作ること。民主党が第1党になる前までは議員提案の条例はほとんどなく、知事側の提案ばかり。民主党は省エネ条例や、まだ成立していないが、がん撲滅条例づくりなどを積極的に進めてきた。安倍総理は安倍政権の経済政策に賛成かどうかが都議選の争点だというようなことを言っているが、これは全然違う。都民の身近な課題が問われるのが都議選だ」などと訴えた。

 6月の東京都議選で中央区選挙区の公認予定候補者である岡田眞理子都議は、28年間教育現場で働いてきた経験から「子どもたちの未来を守ろう」が自身の一番の政策理念だとし、「保育所や学童クラブの待機児童対策だけでなく、小学校高学年や中学生まで切れ目ない子育て支援対策をこれからも築いていきたい」と抱負を述べた。いざというときに困らない防災対策、商店や中小企業の力を結集したしっかりとした経済基盤づくり、さまざまな政策分野での女性の視点や女性の力の活用・発揮なども訴えた。

 大河原雅子参院議員は生活面での不安など生活の課題こそ政治の課題として地元から取り組むべきだと述べ、「チルドレンファースト」「人への投資」という民主党政権が種をまいた政策をさらに進めていく考えを強調。「天下国家を論じるのも政治の一部だが、誤った歴史認識が世界で日本の評価を下げている。世界都市東京だからこそ、こうしたこともきちんと発信できる都議会をつくってほしい」と岡田都議を激励した。

【民主党広報委員会】

国民民主党東京都総支部連合会

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1 三宅坂ビル6F TEL: 03-6205-7181 FAX: 03-6205-7182

Copyright (C) The Tokyo Democratic Party. All Rights reserved.