国民民主党東京都総支部連合会

The Tokyo Democratic Party of Japan

国民民主党東京総支部連合会 TOPニュース2014 > あくつ幸彦候補蓮舫参院議員と南大沢駅前で街頭演説

ニュース

第47総選挙

2014/12/8/ 更新

あくつ幸彦候補蓮舫参院議員と南大沢駅前で街頭演説

fe9e612899bfef83d8acf11fc06e20c9_tn608 5d65f964fedb976176bcf967bc649416_tn316 4faaeb8e044fa4210e509e9d0a271340_tn608

 東京24区から立候補している阿久津幸彦候補は8日、蓮舫参院議員を迎え八王子市の南大沢駅前で街頭演説を行った。 

 阿久津候補は、円安後の物価上昇を具体例をあげて示し、「アベノミクスで景気は良くなると言っているが、むしろ悪くなると分かっているから今、総選挙に打って出た。発想を変えて対策を打たないと大変なことになる」と述べ、「ではどう変えるか。アベノミクスの効果が出ていない市民の皆さんに投資すればいいのだ」と、社会保障を充実させる民主党の「人への投資」という政策に理解を求めた。「『人への投資』は、すぐには効果は出ないが、じわっと効果が出る。市民生活を下支えして底上げをする、そういう市民レベルの景気対策をやらせてほしい」と訴え、安倍政治の暴走を止めるために皆さんの大切な1票を阿久津幸彦に託してほしいと求めた。

蓮舫参院議員は、「今回の総選挙で使われる700億円は、皆さんが納めた税金だ。これを無駄にしないために、1人でも多くの方が投票に行って、阿久津候補にその怒りを託してほしい」と呼びかけた。民主党は、皆さんが安心してお金を消費にまわすことで経済を良くするために社会保障や子育て支援に力を入れてきたと力説し、「消えた年金問題、当時の安倍総理は『消えた年金などない』と言っていたが、民主党が取り組んで皆さんに戻すことができた年金は2兆円だ。今また、130兆円の年金積立金の半分を株の運用に充てようとしている。こんなことをすれば株価が上がるのは当然だ。しかし、株が下がれば年金が消える」と安倍政権の姿勢を批判した。「政治は、地味でも地道で時間がかかっても、本当に困っている人のために努力するものだ。まっとうな政治を皆さんの力で取り戻そう」と訴え、阿久津候補への支援を求めた。

国民民主党東京都総支部連合会

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1 三宅坂ビル6F TEL: 03-6205-7181 FAX: 03-6205-7182

Copyright (C) The Tokyo Democratic Party. All Rights reserved.