国民民主党東京都総支部連合会

The Tokyo Democratic Party of Japan

国民民主党東京総支部連合会 TOPニュース2018 > 玉木代表はじめ党役員東京連続街宣@総武線亀戸駅北口

ニュース

街頭演説会

2018/12/14/ 更新

東京連続街宣@総武線亀戸駅北口

玉木代表、党役員が徳永雅博区議と吉田要区議とともに訴え

国民民主党は「東京連続街宣」と銘打って毎週木曜日に都内各地で街頭演説会を実施してきました。6回目の12月13日は、江東区・総武線亀戸駅北口をお借りして開きました。

 地元の徳永雅博(とくなが・まさひろ)区議会議員が開会・進行役を務め、吉田要(よしだ・かなめ)区議会議員があいさつに立ちました。

矢田わか子参院議員は臨時国会での政府・与党による強引な委員会運営について取り上げ、入国管理法改正案をはじめとした重要法案について、十分な審議時間がなかったことを訴えました。

 大島敦副代表は入国管理法改正案の国会審議で、国民民主党が反対するだけの野党ではなく、対案を提出し、付帯決議を獲得したことを説明しました。

 古川元久代表代行は来年10月に予定されている消費税増税の軽減税率が複雑で分かりにくいことを取り上げ、国民民主党が独自に税制改革をまとめたことを紹介しました。

 最後に演説した玉木雄一郎代表は、安倍政権が消費税増税の前提条件だった議員定数の削減に逆行し、参院を6議席も増やしたこと、軽減税率は消費税増税の低所得者対策にはならないこと、国内の社会保障よりも海外政府への支援を優先していること、など問題点を取り上げて、「安倍内閣の政策の方向性、税金の使い方は間違っている」と強く訴えました。「私たちは具体的な問題の解決策、『新しい答え』を政府に提案して、皆さんが安心して豊かに暮らせる社会を目指していきます」と演説を締めくくりました。

【国民民主党広報局】

選挙情報

選挙 衆議院4小選挙区で総支部長決定する

国民民主党は東京都の4つの衆議院小選挙区で公認内定を決定しました。先に内定が決まっていた11区に加えて、新たに9区、10区、17区の3小選挙区で公認内定者が決定し各自を当該総支部長に任命しました。

関連

  • こくみん民主党都連東京政策2019完成版

リンク

  • 民主党本部ホームページはこちら

国民民主党東京都総支部連合会

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1 三宅坂ビル6F TEL: 03-6205-7181 FAX: 03-6205-7182

Copyright (C) The Tokyo Democratic Party. All Rights reserved.